2015年5月3日 釣果 キス好調、のっこみ黒鯛もまだ釣れ始めた!
 
曇り後雨の予報でしたが、GW中の日曜日ということで今日もたくさんのお客さんに来て頂きました。
心配されていた天気の方は朝と昼に2度程通り雨があった程度で、4時前まで本降りにならず持ちこたえてくれたおかげで、ほとんどの組が予定していた時間まで遊ぶことができました。
今日もたくさんの釣果写真を撮らせて頂きました。

 
〈キス釣り〉
今日も家族連れが多く、雨を気にして早めに上がった組もありましたが、みなさんまずまずの釣果だったようです。
良型のキスも多く、キスにヒラメが食いついて上がって来た組もありましたが、残念ながら上まで上がってきてバレてしまったそうです。
キスの他にはキビレや、マダイ、珍しいところではキスの仕掛けで30cm程のサバを釣っている人もいました。
IMGP3324
IMGP3325
IMGP3326
IMGP3327
IMGP3328
IMGP3329
IMGP3336
IMGP3338
IMGP3342
本当に今日もよくキスが釣れていました。

 
〈湾内ブッコミ釣り〉
マムシをエサにブッコミ釣りでチヌ(クロ、キビレ)、マダイ、キスなどを釣っていました。
一番釣れていた人で、1人でキビレ10匹、マダイ9匹でした。
IMGP3337
IMGP3331
IMGP3339

 
〈湾内ハイカラ釣り〉
いつもキス釣りで利用して頂いているお客さんが初のハイカラ釣りへの挑戦
シーズン本番は6月の中頃からということと、初めてということもあり、今日のところは小ぶりのマダイとガシラだけだったようです。
シーズンに入ると食いが上がってくるので、ぜひまたの挑戦をお待ちしています!

 
〈沖のサビキ釣り〉
沖のハエの近くでやっていた組はガシラ、カワハギ、サンノジを。
IMGP3341

新居~仁淀川河口方面では良型のアジ、サバを釣っていました。
IMGP3329

 
〈沖のハイカラ釣り〉
のっこみ黒鯛(チヌ)の良型ばかりを13匹55cmの良型マダイ、ウスバハギ、チダイ、ギンフグ。
先日チヌ狙いで沖に出た組が連日不調だったためもう終わりか?と思われたのっこみチヌですが、潮が揃うとまだ釣れるようです
IMGP3334
IMGP3333

 
今日はお客さんからお土産に「マテ貝」を頂きました。
IMGP3323
岡さん、ありがとうございます。
愛媛県四国中央市の土居町の海岸に潮干狩りに行ってきたそうです。
これがまた太く、昔、浦ノ内湾で取れていたマテ貝とは比べものにならない程大きなものでした。
 
宇佐~浦ノ内湾の潮干狩りと言えば天皇洲潮浜洲へ舟で渡ってアサリ掘りのイメージを強く持っている人が多いと思いますが、昔は浦ノ内湾にはアサリよりマテ貝の方が多く、多くの人がマテ貝の潮干狩り目的で舟で洲に渡っていました。

マテ貝は砂の中に潜っているのですが砂の上から穴が見えるので、その穴に塩を少しだけ入れてあげるとピュッと飛び出すのでそれをつかまえるのが面白いんです。
 
ある時期からマテ貝の数が減少し、それに合わせてアサリが増加してきて、宇佐~浦ノ内湾の貝掘=アサリとなってきました。
そのアサリの貝掘りの渡し船も数年前から営業を終了し、洲の上のアサリもほとんど取れなくなっています。
 
GWの時期は年間で最も潮の動きが大きいため干潮時の潮干狩りスペースが広くなるので、当店の目の前にある貝掘渡し船の駐車場も大勢の車で埋め尽くされ、賑わっていました。
昨日も今日も潮干狩りに来たと思われる車が何台も駐車場跡の広場に入って、引き返していくのを目にしました。
 
スタッフNがしばしば湾内へ土壌調査に行くのですが、アサリもマテ貝も以前に比べると数は圧倒的に少ないですが、まだ湾内のいる所にはいるそうです。
アサリが減ってからマテ貝が増え始めているというような話も聞きます。
 
アサリになるか、マテ貝になるか、他の貝になるのか、いずれにせよ、またいつか洲の上で潮干狩りができる位に貝が増えて観光客で賑わう光景を見たいですね。



 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数