平鯛、兵鯛



IMGP3452

高知でヒョウゴと呼んでいる魚は正式名はヘダイ、ヒョウダイ(平鯛、兵鯛)ともいいます。
さかなクン曰く、タイの語源は「平ら」ですので、ヘダイが平鯛なら「平ら平ら」という意味になってしまう…
Σ( ̄ロ ̄|||)

12
過去記事 

口がへの字だからヘダイと言われたり、、背中のラインへの字に見えることからヘダイという説もあります。

同じ体長の真鯛や黒鯛(チヌ)に比べると体高が高く、引き味は真鯛や黒鯛とは比べものにならないほど強力です。
のっこみのヒョウゴは更に肉厚になり、一回り大きくなったその体から繰り出されるで強烈な引きはマッスルチヌならず、マッスルヒョウゴと呼んでも良いでしょう!
群れでかたまっているので、釣れるときには入れ食い状態になりいくらでも釣れるのですが、その強烈な引きから腕が疲れて釣り人の方が先にギブアップしてしまいます。

のっこみ(産卵)の時期はキビレと同じ秋から冬の始めにかけて、 夏の終わり頃から脂が乗ってきて腹を裂くとキトキトの脂が溢れてきます。
のっこみの時期は身も脂が乗っており、 3枚におろす際もツルツルとすべってしまう程です。
脂の乗ったヒョウゴは塩焼き、フライ、から揚げなどの日を通すと柔らかくジューシーな旨味が溢れる美味しさです。
IMGP3456

刺身はというと、脂がのっていて旨味はあるのですがいかんせん脂が多すぎて、次の日にお腹を下してしまう人もいます。
タタキにして脂を落としてあげると良いでしょう。

では、ヒョウゴは刺身で食べない方が良いのか?


ヒョウゴの刺身を食べるなら脂がのる前、今!

浦ノ内湾で型の大きなヒョウゴが釣れだしたのはほんの数年前からで詳しい生態は明らかになっていないのですが、ここ数年のヒョウゴの動向から梅雨の前後に沖から群れで湾内へ入ってきて湾内の貝や生物を食べて栄養を蓄え、秋の産卵を終え、冬にはまた沖へ出ていくというパターンが続いています。
沖から湾内に入ってきたばかりの5月、6月頃のヒョウゴは脂が少なく、痩せているものが多いのですが、上に書いた通り、太るとたっぷりの脂が付くので、刺身も少しむつこくなってしまいます。
痩せているこの時期特有のプリプリとした歯ごたえと程良い甘みがあり、そして脂が少ないのでお腹を下さずに食べれるので、ヒョウゴの刺身を食べるなら今でしょう!
IMGP3454

市場を通ってスーパーに並んだ魚ではありえない、釣りたてのピッチピチの鮮度で食べれるのは漁師と釣り人だけの特権ですね。

ヒョウゴ釣りの常連さんがお寿司屋さんで食べたヒョウゴの握り寿司が激ウマだったので、板さんに美味しさの秘密を聞いたところ、「昆布締め」にしたヒョウゴを載せていると教えてもらったと言っていました。
真鯛の握りより美味しかったそうです。

気になる方、ぜひ、お試しあれ。





からだにおいしい魚の便利帳 (便利帳シリーズ)
藤原昌高(ぼうずコンニャクの市場魚貝類図鑑 主宰)
高橋書店
2010-05-26



 


 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数