2015年8月14日 釣果 大潮で良型ヒョウゴが入れ食い


8月も中旬に差し掛かり暑さもだいぶやわらいで、涼しい中で釣りが楽しめるようになりました。 
46
宇佐大橋は浦ノ内湾の玄関口で全国有数のリアス式海岸の横浪半島と宇佐を結んでいます。
 

宇佐大橋の下側からパシャリ。
05
井ノ尻の浜にはテントがたくさん張ってますね。
お盆休みに海水浴、バーベキュー、キャンプでしょうか。




〈キス釣り・小物釣り〉

2人でキス60匹ほど、大きいもので24.5cmありました。
型の良いものも結構混じっていました。
IMGP4327




別の2人組はキス、アマギ、ニロギ、タイゴをたくさん釣っていました。
開いて干物にするそうです。
IMGP4328





〈ハイカラ釣り〉

大潮で条件ばっちり、あとは魚の群れがどこにいるのか分かれば釣れるという状況でした。


O地さん2人組は14時頃の込潮の前半から出船。
最初はチヌのポイントを攻め、込潮後半はヒョウゴのポイントで大きく竿を曲げていました
IMGP4330

良型のヒョウゴ8匹、キビレ3匹、クロ2匹、コロダイ1匹、マダイ、アマギ。

前回の大潮から見事リベンジ成功ですね。



ハイカラ釣り3回目の男女ペアの2人組。
前回、前々回は雨の中での釣りでしたが、今日はカッパ要らずの曇り空で涼しい中で釣りができました。 
キス釣りも楽しみつつのハイカラ釣りで大きなヒョウゴ、小ぶりのヒョウゴ、キビレ、マダイを1匹ずつ、ハタの子、ガシラ、キスを釣っていました。
IMGP4329
 



スタッフT、15時半頃の出船で、ヒョウゴのポイントに到着した直後、一投目から本命のアタリがあり、今日も入れ食い状態。
45cm前後のヒョウゴばかりで上がってくるまでに時間がかかるのと、糸が引っ張られてどんどん出ていくので糸にヨリが入ってしまってライントラブルが頻繁にありました。
 26
 
それでも2時間足らずで良型のヒョウゴを9匹釣りました。

 
先週まではリールに1.5号のフロロカーボンの糸を巻いていましたが、昨日フロロの1.25号に巻き直してから繊細なアタリが非常に取りやすくなりました




ハイカラ釣りは繊細なアタリに合わせて針を掛ける釣り方なので、やはり糸は細い方が有利ですね。


 
これから秋にかけてヒョウゴは一回り大きく成長し、大きいものでは50cmを超えてきます。
 
 
そうなると1.5号の糸が必要となってきますが、今はまだ1.25号の糸でもドラグを調整し、切られないよう慎重にやり取りをすると釣り上げることができます。



予備のリールがあればフロロの1.5号と1.25号の糸をそれぞれ巻いて釣り比べをしてみてください。


面白いほど違いが分かります。









なかなかアタリが取れず釣果に伸び悩んでいる方、次回は細めの糸軽めのハイカラでチャレンジしてみると良いですよ~(^o^)丿












今日も風があって涼しい一日でした。
夕方の雲を見ても上空でも風が強く吹いているのがうかがえます。

涼しい日が続いて欲しいものですね。
23



 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数