2015年9月14日 秋の大潮に踊る銀鱗の黒鯛
 

朝晩はめっきり肌寒くすっかり秋の空気になり、日が暮れるのもだんだん早くなってきました。
39



〈ハイカラ釣り〉
 
船頭スタッフHとKさん1人、14時過ぎからの出船で込潮の中程まではあちこちでぽつぽつと拾いながらの釣りで、17時過ぎに良いポイントにあたり一気に釣果が増えました。
 
釣果はキビレ17匹、ヒョウゴ4匹、クロチヌ3匹、マダイ3匹、イシモチ。
IMGP4592

上層で重たい当たりがあり、ネイリが来たかと思ったのですが、上がって来たのは丸々太ったマエソでした。


他にも出ていた組がありましたが、写真担当のスタッフHが船頭で釣果未確認です。

確認できたら情報を追加する予定です。





エソは小骨が多く敬遠されがちな魚ですが、高級すり身の材料です。






小骨を抜いて酢で軽く〆て、姿寿司にしてもなかなかイケるので、ぜひ挑戦してみて下さい。

関連記事
エソの姿寿司




昨日、大阪の釣具店・フィッシングエイトさんからハイカラ釣りに関する問い合わせがありました。


高知だけではなく、関西圏の黒鯛釣り師や船釣り師の元にもハイカラ釣りの釣果情報が届いているようですね。


土佐の伝統釣法「ハイカラ釣り」がとうとう関西進出か!?








 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数