2015年9月30日 船底塗装ビフォーアフター
 
 
台風通過により発生していたウネリはほとんど収まり、やっと沖へと出れる状態になりました。
IMGP4724


今日は2組沖へと出船していましたが、濁りがまだ残っていたようで、食いは渋めだったそうです。
 
 
〈沖の釣果〉

8時頃から15時前まで、1人でイトヨリとチダイを1匹ずつ釣っていました。
IMGP4729



 
もう1組も1人、8時から14時頃まではガシラ1匹だけ
そこから1時間ちょっとでネイリ、オオモンハタ、イトヨリ、ヒョウゴ4匹、ベイケン、ギンフグと立て続けに釣って釣果が伸びたそうです。
IMGP4730
終盤は見事な巻き返しですね。
 


今日も天気が良かったのでこの前とは別の舟の船底塗料の塗り直しをしました。
 
ビフォーは塗り替え一年経過後の状態。
IMGP4726
  
舟を上げた状態で底を見ると青海苔、フジツボが付いています。
 
手前の2隻はよく使う舟で、奥はほとんど使わない舟。
 
奥はフジツボがギッシリΣ(゚д゚;)
 
舟を走らせると多少の汚れは船底塗料と一緒にはがれていくのですが、長い間使用しないと奥の舟みたいに貝類が繁殖してしまいます。
  
 
ヘラやタワシを使って汚れを落とし・・・・
IMGP4727


新しく船底塗料を塗り直して・・・・
IMGP4728

ピカピカになって気持ちよく滑走できます(`・ω・´)


 
台風が来たとき以外にも、整備、点検、船底塗料、エンジンのギアオイル・エンジンオイル・ペラなどの修理、買い替え、などなど。

船のメンテナンスって意外とやることが多いんですね。
 
 
海へ出る、特に沖へ出る場合、命を預けると言っても過言ではない船の整備は抜かりのないよう、しっかりとやっておきましょう。
 



 


 



 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数