2015年11月29日
 
 
波、風ともにおさまり良い釣り日和となりました。
 
 
〈沖の釣果〉

朝のうちは潮の動きがあってよく釣れていたようですが、昼過ぎからは潮がピタリと止まり苦戦したという組が多かったです。
3号のテンヤでも底が取れるほど潮の動きが全くない状態だったようです。



H木さん2人組と船頭スタッフK、80cmほどのメジロ、チダイ20匹、コロダイ2匹、ヒョウゴ2匹、マダイ1匹、イトヨリ3匹、ホウボウ2匹、ガンゾウビラメ3匹、ギンフグ3匹、エソ、ガシラ、カイワリなど。
IMGP5098
IMGP5099




H内さん3人組、コロダイ3匹、マダイ3匹、チダイ4匹、ヒョウゴ、ガンゾウビラメ2匹、イトヨリ、ネイリ、エソ、カイワリ、カワハギ、カミナリイカ(モンゴ、モンゴウイカ)2匹
IMGP5104

モンゴはタイを巻き上げていると追いかけて上がって来たのを玉網ですくったのが一匹、もう一匹はエソが釣れた状態で引っかけたまま泳がせていると釣れたそうです。

IMGP5103
胴体にたくさんついているキスマークのような紋様がカミナリみたいに見えることからカミナリイカ、または紋甲イカと呼ばれています。




M下さん3人組、50cmほどのオオモンハタ、コロダイ5匹、イトヨリ3匹、マダイ6匹、チダイ4匹、ガシラ6匹、ガンゾウビラメ、サゴシなど。
IMGP5107
今日はタイラバよりテンヤの方が良かったそうです。

帰港した後の店頭にて『この5匹のコロ(コロダイ)がコーロー(石鯛)やったらにゃ~』というやり取りに笑わせてもらいました。


 

F井さん2人組、イトヨリ、チダイ、マダイ、オオモンハタ、ギンフグ、ホウボウなど。
IMGP5100
女性が超大物を掛けて、長時間のやり取りの末、上がって来たのは1mほどのサメだったそうです(>_<)


 
 
地元の船Aさん、活きエビで良型のチダイとカイワリ、イトヒキアジなどを釣っていました。
IMGP5095




地元の船Nさん、53cm/2.7kgのシロアマダイや、良型のガシラ、チダイ、レンコダイ、イトヨリ、ガンゾウビラメ、テスなど。
IMGP5105


シロアマダイは高級魚中の高級魚で、それも2.7kgのビッグサイズとなると滅多にお目にかかれない、まさに幻の魚。siroama

旬は秋から冬にかけてとちょうど今の時期です。

懐石料理やおめでたい席に出される魚で、お正月を迎えるこれからの時期にはキロ一万円を超えることも。
 
※注
アマダイの生息区域は5海里より外ですので、当店の舟では出ることができません。
稀に5海里内で釣れることもありますが、5海里内ではまず狙って釣れることはないので注意。




〈浦ノ内湾内〉
T野さん5人組、女性が良型のチヌを釣っていました。
IMGP5096
こぶりのタイも釣れて楽しめたとのことでしたが、小ぶりのものはリリースして来たそうです。
 


 
M岡さん2人組、エンジン無しの舟で出船。
初めての櫓(ろ)漕ぎ舟だったようですが上手に櫓(ろ)を押して移動しながらの釣りで、タイとエバとを釣っていました。
 
 

 

タイラバ初挑戦で64cmの大鯛を釣った方や、80歳にして長年の釣り歴の中で最大の獲物を湾内で釣り上げた方、超高級魚の大型シロアマダイを釣り上げた方、また、大物を釣る以外にも、いつもの釣りを楽しむ方、初めての釣り方を楽しむ方、船釣りが初めての方、釣り自体が初めての方もいて、『釣り』には人それぞれの楽しみ方があり、ドラマがあります。
 

そういった釣り人たちの物語のサポートができ、釣りを楽しむ人たちの『笑顔』を見ることができるこの仕事を誇りに思います。
 
 
これからもスタッフ一同、精一杯サポートさせて頂きますので、今後ともよろしくお願いします。

 


 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数