2016年1月16日 座布団ヒラメと行方知れずのアマダイ
 
 
IMGP5456
風のない良い釣り日和でした。
 
 
 
〈沖の釣果〉

T橋さん1人と船頭スタッフK。
イトヨリ14匹、チダイ10匹、レンコダイ2匹、ギンフグ11匹、ガシラ4匹、マハタ2匹、アオハタ4匹、オオモンハタ、トビハタ、ミノカサゴ、ベイケン、エソ、ホウボウ、アマダイなど。
IMGP5460
IMGP5461


「アマダイは2匹釣ったはずやに、1匹しかおらんかの~」
 
『イトヨリに化けたがやな~い?』
 
「おかしいにゃ~(-"-)」
 
 
行方知れずのアマダイ、どこへ行ったのでしょう?


 
 
H内さん3人組、マダイ4匹、イトヨリ5匹、ガンゾウビラメ3匹、ギンフグ5匹、ホウボウ、アオハタ、カワハギなど。
IMGP5463
 今日はタイラバより活きエビのテンヤの方が良かったそうです。
イトヨリが太いですね~!
 


 
F田さん1人、当たりが少なかったようでイトヨリ2匹、ギンフグ2匹、小ぶりのマダイ1匹でした。
IMGP5457
 …と思ったらクーラーの中のイトヨリの頭の上に何かが張り付いている。



IMGP5458
ヒラメの稚魚ですね。
イトヨリが食べていたのを吐き出したのでしょう。

ヒラメは稚魚から横泳ぎ?それとも稚魚は縦に泳ぐ?



 
 
O内さん3人組、初めての沖釣りでマダイ1匹とテンス4匹
IMGP5462
場所や船の流し方のコツなどありますので、これから慣れていってくださいね(^^)
 



 
〈湾内釣果〉
M地さん2人組、ハイカラ釣り2回目です。
マダイ3匹とヒラメを釣っていました。
IMGP5454
当たりは結構あったけど針に掛けるタイミングに苦戦したそうです。
 


 
I野さん2人組、先週54cmのヒラメをアジの泳がせ釣りで釣っており、今日も同じくアジの泳がせでヒラメ狙い。
先週は一人で来ていましたが、今回はお父さんも一緒でした。
 
午前中はアタリが少なく辛抱の時間帯が長かったようですが、午後からヒラメを4匹も!
IMGP5465

2人の内ヒラメを釣ったのは全部お父さんだけで、ヒラメ釣り自体が初めてだったそうです。
 
しかも、一番大きなヒラメは70cm/4.4kgの座布団クラスの大ヒラメ!
IMGP5466
お見事!!!


ヒラメはそれぞれ4.4kg、1.2kg、1.0kg、0.7kgと合計すると7.3kgもありました。




I上さん1人、こちらもアジの泳がせでヒラメ狙いでした。
午前中はI野さんと同様に当たらず我慢の時間帯が続き、昼からは何か釣らねばとテンヤ釣りに変更、結果、ノーフィッシュに終わりました。
昼からもヒラメ狙いを続けていればもしかしたら・・・。
 


 
港に戻ってきて船着き場に止めたI上さんの舟の下に赤白い魚が一匹じーっとしているのを発見。
 
よーく見るとまさかのアマダイ!

 
そう、T橋さんが探していた行方知れずのアマダイは実在していて、魚があふれるくらい詰まった入れ物の中から、どうやらスタッフTがまた魚を落としてしまっていたようなんです(>_<)


じーっとしているアマダイを玉網を使ってすくおうと伸ばすとヒョイと避けられ足場の下にもぐられ、2つの玉網を使ってなんとかキャッチすることができました。


 
けっこう良いサイズ・・・
IMGP5464

T橋さんには申し訳ないことをしましたが、このアマダイは何も釣れなかったI上さんにお土産として持って帰って頂きました。

 
 
今年はどうやらヒラメの当たり年のようですね。
 
年末から立て続けにヒラメが、しかも座布団クラスの良型がポツポツと上がっています。
 
しかし毎回必ず釣れるとは限りません。
 
今日のように近くでやっていても片や4匹、片や0匹ということもあります。
 
ヒラメ釣りは運の要素が高い釣りです。


  
新年の運試しにヒラメ釣り、あなたもどうでしょうか?
 
 
明日は晴れのち曇りのち雨、降り出すのが夕方遅くになるのを期待したいですね。
 

 



 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数