2016年3月29日 
 
 
ほんのり肌寒さは残っているものの風はほとんど吹かず久しぶりに丸一日釣りを楽しめる日和となりました。
 
 
 
〈沖の釣果〉

黒鯛のノッコミ(産卵期)シーズンがやって来たようです。
お腹がパンパンに太って丸々と肥えたチヌが釣れ始めました。
 
 
S谷さん1人、沖で産卵期に入った黒鯛を4匹と良型のイトヨリを釣っていました。
IMGP5731
 
まん丸になっているチヌは46cmで2kg!

 
この一番大きなチヌをおすそ分けしていただき早速食べてみました。
IMGP5737
 
脂が乗った身を醤油に付けるとふわ~っと醤油の表面に脂が広がり、プリップリの食感と合わさって美味!


 
ふぅ(●´ω`●)




さて、気を取り直して釣果の続きを・・・
 


 
M田さん1人、こちらものっこみの黒鯛(チヌ)を4匹に、54cmの良型マダイと小ぶりのマダイを釣っていました。
IMGP5732

真鯛も黒鯛も春がのっこみの魚です。


 
 
 
〈湾内釣果〉

愛媛からお越しのSさん3人組、写真はありませんがキスを30匹ほど釣っていました。
今度はGWに県外から帰ってくる息子さんと一緒に釣りに来ると言っていました。
次に来る頃には今日よりもだいぶ暖かくなっていますね。
 

 
 
平野部では桜の開花が遅れている高知県ですが、のっこみ真鯛が冬の終わりを告げ、のっこみ黒鯛が春を告げ、そしてもう一つ、春を告げる鳥「ツバメ」が今年もやってきました。
IMGP5729
 
 
どんどん春になってきてますね~♪
 
あと桜の満開を待つのみ!
 
 
 
 
今年のGWは2日休めば10連休の超大型連休。
GW中の予約も受付中。
  
『手ぶらで来ても楽しめる船釣り』を体験してみたいという方は電話(088-856-0043)、FacebookLINE等でお気軽にお問い合わせください。
  
  




 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数