そうだ!そうだ山温泉へいこう!



ダジャレですみません…


とある夏の日、土佐市のお隣、須崎市桑田山(そうだやま)にあるそうだ山温泉に行ってきました。

03


千年の美湯 そうだ山温泉 『和』 yawaragi
21


須崎市街から車で数分、小道にそれて山を登ってすぐの場所にあります。
cnt-accessmap


涼しげな木陰と木々に囲まれたそうだ山温泉はの周辺には蝉の声が響き渡っていました。


到着したのはちょうど昼前、玄関先にはお昼の御前の案内看板が。
36

昼御前(定食)は各種1200円でどれも美味しそう。

入浴前にフロントで注文をしておくと出てくる時間に合わせて準備してくれます。



入浴券は入ってすぐの場所にある販売機で購入。
07

入浴料

  • 大人(中学生以上)…700円
  • 小学生…350円
  • 乳幼児…250円
  • サポーターズクラブ会員…630円
  • 朝風呂…480円

なんと12:00までに受付を通ると通常700円の3割引きの480円で入浴できるんです!


午前中にきて得した~( *´艸`)



11:30に受付けで入浴券を渡し、昼御前も注文。

男性1人、女性2人の3人分、昼御前3種類をひとつずつ注文。

受付 「何時ごろにお風呂から上がりますか?」

Tomo 「30分後にお願いします」

受付 「えっ!?」

店員さんは驚いた様子でこちらを見つめて言いました。

受付 「そんなに早くて良いがですか!?色々お風呂があるのでもっと時間をかけて楽しんでもろうてかまんがですよ(*^-^*)」

Tomo 「あ、そうですか、じゃあ1時間後の12:30頃に上がってきます」

ということで、ゆったり1時間入ることになりました。


夏場なのでのぼせて湯あたりしないように早めに上がる予定でしたが、みんなだいたい1時間くらいは入っているというので存分に楽しむことにしましょう!


受付けを抜けると足元にオシャレな照明。
17

喫茶食堂の看板もありました。
30



40

土佐遊湯連 千年の美湯 そうだ山温泉
とさあそびゆうれん?って読むのかなと思いましたが、とさゆうゆれんと読むそうです。


ここで温泉に向かう道はいったん屋外に出ます。

02

男湯は「染んだ山の湯」
女湯は「べっぴんの癒し湯」




やってきました男性風呂「染んだ山の湯」
30

何と読むのだろう…
しんだやまのゆ?
いやいや、そんだやまのゆ、だと思う


女湯の入口は男湯より奥にあり、男湯の入口の隣には囲炉裏風の待合いスペースがありました。
50


さて、女性陣2人とはここでお別れ、男湯の入口をくぐると綺麗な玄関。
靴が一つだけ、先客は一人いるようです。
55



更衣室に入ると先に入っていたお客さんは風呂からあがって着替え終わって出るところでした。

なんと、そうだ山温泉、男湯独占!

贅沢の極み!

いやー!平日の昼間に来て良かった~!!!!

誰もいなくなったので更衣室の様子も写真に収めさせてもらいました。

47
更衣室は鍵付きロッカーで男湯だけ100円玉が必要です。

36
ドライヤーとくしは無料の備え付け。


さて、誰もいないということで…

中の写真も撮らしてもらっちゃいましたー!



いざ、温泉へ!


更衣室を出て扉を開けるなり目に飛び込んで来たのは…


ばーん!


07

ガラス張りの緑の風景と青く澄んだ温泉と檜と虎竹が演出する内風呂。

お湯の青い色は浴槽のタイルの色が映り込んででいるのかな~。


すんごく良い雰囲気(●´ω`●)

16



そして、露天風呂と書かれた扉をくぐって外に出ると、谷に掛かる橋になっている渡り廊下が。

30


渡り廊下の下は小さな谷になっており、小さな川に清水が流れるせせらぎの音が静かに響く最高のロケーション。
42

50


橋を渡った先には2種類の露天風呂がありました。


一つは内風呂と同じくお湯が青く澄んで見える浴槽の露天風呂。
32

屋根付きなので直射日光に当たらず外に居ながら日陰で温泉を楽しめます。

手すりの向こうは谷。

谷を見下ろしながらの入浴はまさに絶景、夢心地(●´ω`●)


風呂から出ている上半身をときおり自然の風が吹き抜けて火照った体を気持ちよく冷ましてくれます。

40




もう一つの露天風呂は源泉かけ流しの微睡みの湯(まどろみの湯)
こちらは低温風呂のぬるま湯でいつまでも入っていたくなるような気持の良い水温です。

01

ひのき風呂の中にはお肌に良いとされる湯の花が咲いていました。

浴槽のすぐ横には仏手柑の木が生えていて手を伸ばせば成っている仏手柑をちぎって取れそうでした。
すぐ背中には緑から赤く変わりかけのアケビもたくさん。

猿も温泉につかりにやって来そうな山奥の雰囲気です。
 
 
緑に囲まれたぬるま湯のヒノキ風呂に浸かり、自然の風に吹かれながらの天然温泉。

これは半日でも居れる、たしかに30分はもったいない(笑)


泉質はトロトロぬるぬるスベスベ

体を洗うシャワーや蛇口から出ているお湯もすべて源泉で、体を洗った後にすすいでもすすいでも石鹸のぬめりが落ちないと思っていたんですが、これがここの温泉の特徴なんですね。
風呂を上がって乾かした後もお肌がツルツルすべすべになっちゃいました。

女性はもちろん、男性でも長風呂を楽しんで痛んだお肌も癒してくれる優しい温泉がこんな近場にあって、入浴料は700円で更に午前中の入浴なら480円というリーズナブルな値段で入れるなんて。

一度訪れるとリピーターになること必至のそうだ山温泉でした。



気になる昼御前は そうだ!そうだ山温泉へ行こう【グルメ編】 にて紹介したいと思います。

お楽しみに~♪


地図



千年の美湯 そうだ山温泉


〒785-0045
高知県須崎市桑田山乙1122

☎ 0120-1-41268

⏰ 9:00~21:00
年中無休

HP http://sondayama.com/






 予約・問い合わせはLINEからも受け付け中!
 友だち追加数