2017年6月2日 
 

西の風強く

朝のうちから西の風が強く吹いていました。

冬のような風で流し釣りではまともに釣りができない時間帯がありイカリを打って釣っていたようです。

 
湾内釣果

Kさん1人、キスは13匹で風が吹き出すまでの時間に釣ったものがほとんどです。
IMGP9128
良いペースで釣れていてこのまま続けばかなり釣果が伸びそうな予感がしていたところで風が強くなり場所を移動したそうです。



 
N内さん2人組、キス22匹、ニロギ7匹、イシモチ2匹、マダイ、コチなど。
IMGP9129


 
もう一組出船しており詳しい数は聞いていませんがあまり良くはなかったそうです。


 
シーズン初めは一人平均5匹ほどだったのが、やっと倍の一人平均10匹を超えるような感じにはなってきています。
 



ツバメはヒナ鳥にエサをあげるフリをする!?

5日ほど前に店先に巣を作っているツバメのヒナが孵化しました。

巣の中には生まれたての子ツバメが5匹顔を出しています。

今日の夕方、親鳥がエサを運んでくる様子を見ていると親鳥が巣の前にずっといて、飛び立ったと思ったらくるりと旋回してすぐにまた巣に戻ってしばらく留まっているのを繰り返しています。

その口先を見るとアリのような昆虫をくわえていて、エサを待ち構えているヒナ鳥たちがせわしく口を広げて頭を振っている中に虫を突っ込んでいるのが見えます。
DSCN6731


一見、雛鳥にエサを運んできた光景に見えるのですが、親鳥が頭を上げると口先には運んできたエサがずっと残ったままです。

DSCN6745

ヒナ鳥たちはえっ!? なんで!?みたいな感じで戸惑うものや、エサに飛びつくのに疲れてぐったりしてきくるものが出てきていました。

これを一時間ほど延々と繰り返していたのですが、このエサをあげるフリをする行動はヒナ鳥にエサを食べる練習をさせていたのでしょうか?

それともただ単にエサがクチバシに引っかかって取れなくなっただけ?

初めて見るツバメの不思議な行動でした。







Enjoy boat fishing 

~大人がこどもに戻れる時間~


蒼い空の下で土佐の海を縦横無尽に駆け巡り

まだ見ぬ大物があなたを待っています




竹村貸舟店 【高知 浦ノ内湾~宇佐~横波半島沖の船釣り】


TEL: 088-856-0043

公式ページ: http://boat-fishing.kochi.jp/

Facebookページ: https://www.facebook.com/takemurakashifuneten

Twitter: https://twitter.com/takemura_boat

Instagram:https://www.instagram.com/takemurakashifuneten/



 


高知県下最大級のレンタルボート所有数!

釣船、団体、イベント等の相談も承ります。

活きエビ!釣り用各種仕掛け!貸し竿あります!


予約の際は、『お名前、人数、出船時間、行先(湾内、沖)、エサがどれくらい必要か』などをお知らせください。

 
『手ぶらで来ても楽しめる船釣り』を体験してみたいという方は電話(088-856-0043)FacebookLINE等でお気軽にお問い合わせください。




 竹村貸舟店 LINEはじめました!
 友だち追加数